ジェネリックトリプタノール50mg100錠 1箱

1,774pt

在庫あり

商品の詳細

◆商品説明

脳内の神経線維の間をつなぐ化学伝達物質であるノルアドレナリン、セロトニン、ドパミン等が不足すると、うつ状態が起こると考えられています。

「ジェネリックトリプタノール」は、刺激によって一度放出されたこれらの伝達物質が脳内の神経線維に再び吸収されて減少するのを抑えたり、伝達物質の出てくる量が減るのを抑えたりすることで、気持ちを楽にして、意欲を高め、うつ状態を改善します。

「アミトリプチリン」は、抑うつ気分だけでなく、それに伴う不眠、不安、焦燥もやわらげます。

また、夜尿症に対しても有効です。

加えて適応外ではありますが、「ジェネリックトリプタノール」は片頭痛や緊張型頭痛をやわらげる目的で使用されることもあります。

しびれを改善したり、歯科で治療した後に起こる神経が原因の痛みをやわらげる目的でも使用されます。

また、全身に激しい痛みを主として、不眠、うつ病などの精神症状、逆流性食道炎などの自律神経系の症状を伴う線維筋痛症の痛みをやわらげます。

◆効果

精神科領域におけるうつ病・うつ状態、夜尿症

◆用法

うつ病・うつ状態

アミトリプチリン塩酸塩として、通常成人1日30~75mg(1.2錠~3錠)を初期用量とし、1日150mg(6錠)まで漸増し、分割経口投与する。まれに300mg(12錠)まで増量することもある。

なお、年齢、症状により適宜減量する。

夜尿症

アミトリプチリン塩酸塩として、1日10~30mg(0.4~1.2錠)を就寝前に経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜減量する。

◆注意事項

本剤の服用中は、車の運転等、危険を伴う機械の操作はしないでください。

緑内障で眼科を受診している方は、その旨を必ず医師にご申告ください。

前立腺疾患等で尿閉のある方は症状が悪化することがありますので、服用しないでください。

抗パーキンソン薬を服用している方(服用中止後2週間以内も含む)の本剤の服用はお控えください。

本剤の服用中にアルコールを飲むと、薬の作用が強く出るのでお控えください。

◆副作用

便秘(3日以上便が出ない)、口渇(口や喉が渇く)、尿閉(尿が出ない、尿量が少ない)、複視(二重に見える)、起立性低血圧(立ちくらみ)、QT延長(胸が苦しい、どきどきする、めまい)、眠気、体重増加

◆成分

アミトリプチリン 25mg(Amitriptyline 25mg)

◆発送国

【香港発送】約5~10日

おすすめの商品

人気の商品

カートを見る

ページトップへ

カートを見る

ページトップへ